SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
blog_title
S.S.T.BAND BACK-UP TEAM管理人が書きたいことを書きます。
注目されない作品に自ら陽を当ててみる
0
    最近たまーに、極々たまーにですけどBBSに書き込みをしていただけるようになりました。嬉しいです。
    やっぱアレですね。別に元々期待してたわけじゃなくても感想があると嬉しいものです。

    最近だとドラスピとDADDY MULKに関して書き込みがありました。
    ドラスピはともかくDADDY MULKは作った当時から評判良くて気に入って戴いた方も多いので(言うまでもなく既存MIDIデータでは誰も再現していない(らしい…)『DA-DI-DA』と喋らせたのが理由かと)言われ慣れちゃってるという感じもあるんですが、僕個人としてはもっと他に気に入ってる曲があるのにみんなあんまり注目(注耳?)してくれないんですよね〜。

    と、いうことで今日は普段陽の当たらない彼らに無理矢理スポットライトを当ててやろうという内容ですw
    元々このBlog自体誰が読んでるんだって感じですけどまぁそこはそれ。




    • 超絶倫人ベラボーマン 『ROUND 1』
    • 元々ベラボー自体、ゲームそのものはともかく音楽って有名じゃないんですかね〜?
      あの源平討魔伝の中潟さんなのにな〜。原曲を知ってる人なら聴いて貰えればなかなか頑張ってるってのが分かって貰えると思うんですけども。
      個人的には原曲に似せられたと自負出来る曲のうち5本くらいの指には入りそうなくらい気に入っています。



    • ワルキューレの伝説 『メインテーマ』
    • ワルキューレはもう完全にMIDIでは作り倒されてきた曲かもしれないですね。聴き飽きた人も多いかも?
      ワルキューレは僕にとっては憧れの曲だったんです。だってFM音源ではどうやったってあのブ厚いストリングスの音って出せないじゃないですか。MIDI使うようになったら絶対作ってやるんだって思ってた曲の筆頭。
      でもこの曲似せようと思ったらただ単にストリングスの音色使えばいいワケじゃないんです。数あるプリセットから吟味してエディットもしっかりしてバランスを取ったつもりです。これまでに量産されてきたMIDIデータよりは似せてある自信はあります。(ただやっぱり少々食傷気味ではありますがw)



    • ORDYNE 『ROUND X』
    • ちょっとチョイスが微妙なのかw
      なんたって未使用曲ですからね…ただこの曲は細江さんの曲の中でも1〜2を争うカッコイイ曲だと思ってます。最もシステムIIらしい曲とも言うか。FMとPCMの融合がもっとも図られてるというか。
      この曲も憧れの曲。Oh!Xに掲載された進藤慶到さんの作った『ROUND X』は衝撃的でした。まんま原曲じゃねぇか!と驚いたものです。当時は音色の似せ方から音採りまで全てが憧れでした。いつか俺もこの曲を作る!と夢見ていた曲でしたね。
      勿論僕が作ったのはSC-88Proということで音源が全く違うわけですが、音採りも含め全体を破綻なくまとめることが出来たと思います。



    • 疾風魔法大作戦 『LEAD DEPARTURE』
    • この曲に関しては多分知らない人がほとんどだと思うので仕方ないんですけどー。僕は初めて聴いた時に「ズガガン!」と凄い衝撃を受けちゃったんですよ。超カッコイイ!って。
      何がカッコイイって、曲も良ければ音色もいい。そしてドラムの音色が超イイ!
      この曲、ドラムは基本的にPCMで鳴ってるんですけど、わざわざFM音源のスネアを重ねてあるんですよね。それがまた凄くイイ味を出してる。FM臭いのにそれだけじゃない。PCMなのにPCM臭くない。そんな所がFM好きな人には堪らないんじゃないかって感じの曲です。
      まぁ僕の作品は今になって原曲と聴き比べるとそこまで似せられたって感じでもないんですが、衝撃を受けたドラムの音色には拘りました。
      この際、僕のデータのことはどうでもいいんでYoutubeとかで探して原曲を聴いて下さい!
      私の作品は嫌いでも、疾風魔法大作戦の原曲のことはk(略)



    • Rainbow Islands 『Main Theme』
    • この曲はね〜、自称『奇跡の作品』です。我ながら良くぞこの音色を作ったと褒めてあげたい。
      そもそも本来であればこの曲を作ろうなんてぇのはほぼ自殺行為に等しいですよ。だってメロディのあの音色、あり得ないでしょ。まず作れない。FM音源を自在に操れる人ならともかく、ハチプロのプリセット音を元にあの音色再現出来る人がいたらまぁ間違いなく「ネ申」だと崇めちゃう。そんなレベル。
      (注:体験者個人の感想です)
      それを何故か自分でやり始めちゃったんだから当時の僕は一体何を考えていたのか。
      他の人がどんな感想を持つかわかりませんが、僕はこの音色のデキに大変満足しております。つまり自分の中ではこの時の自分自身は間違いなく「ネ申」でした。この瞬間だけは。

      …でも……どこからも反応はなかったの……寂しかった…orz
      個人的にはDADDY MULKなんか足元にも及ばないくらい凄いデキだと思ってたんだけどなぁ(笑)。



    • Bubble Bobble 『Main Theme』
    • 『奇跡の作品』その2。まぁレインボーアイランド程でもないですが。
      レインボーよりこちらの曲が先に出来ました。この曲も音色が特徴的だと思います。それをうまく再現出来たなと思っています。この曲で身に付けたというか考え付いたテクニックをレインボーにも応用しています。
      つまりバブルボブルなくしてレインボーアイランドは生まれなかったわけです。ゲームそのものと同じく(笑)。



    • XEXEX 『Breeze』
    • この曲を初めてCDで聴いた時
      「あ〜最近の基板ってみんなPCMなんだなー。音が本当にいいわぁ」
      という感想を持ちました。
      数年経って実はほとんどFM音源(ギターとドラムス以外)という事実を知り愕然としました。
      そのあまりにクリアな音色とスッキリとした印象が強烈だったのを覚えています。この作品ではそこを再現したいと考えていました。
      SC-88Proって意外と泥臭いというか篭り気味な音になることが多いと思うんですが(え、俺の作品だけ?)この曲では原曲で受けたクリアなイメージを再現することを心がけたつもりです。
      しかしそこに辿り着く前の時点でとんでもない苦労をすることに。

      ベースの音符が全然採れなくて、1小節採るのに数週間かかるという音楽センスのなさを遺憾なく発揮していました。
      結局ベースを採り終わるのに(飽きて中断して別の曲を作ったりしていたので)2年くらいかかるという、よくぞまぁ完成まで漕ぎ着けたものだという別の意味で感心してしまうような有様でした。ベースが終わったら割とホイホイ進んで…とは言っても結局その後二ヶ月くらいかかってるんですがベースの音採りに比べればなんと短いことか。
      そんな苦労の割に、なんの反響もなかった曲ですw



    • 空牙 『VAPOR TRAIL』
    • サイトロン テレフォンインフォメーションっていう当時ゲームミュージックCDを出していたポニーキャニオンのサイトロンレーベルのテレフォンサービスがあったんですが、そこで流れていたGAMADELICのアレンジ版を聴いて「うぉー、超かっちょいい〜〜!」と思っていたのがこの曲でした。
      結局CDを買うのはもっと後になるんですが、原曲を聴いた時にその余りの落差に愕然としてしまいまして(笑)。
      なんじゃこら、超ショボイ…って。そりゃギターでド派手に演奏されてるアレンジを耳にしたら…ねぇ。とか言いながら聴き込んでいるうちに割と好きになってきました。
      そんで目玉となるのはやはりフレーズサンプリングで無理矢理っぽく入っているギターソロですよね。ちょっとチープでこれがイイ味出してるしデコらしいところ。

      そんなわけでこの作品のテーマは「チープさ」ですw
      しかしただチープなだけじゃない。リアルさを感じさせつつ、でもやっぱり無理矢理入れたからショボいんだよね〜っていう愛おしさみたいなのを表現したかった。
      ギターソロの部分はベタ打ちすると本当に「ハイMIDIでギター打ち込みました!」みたいなありがちな作品になってしまうので、AFTER BURNER以降培ってきたギターの打ち込みテクニックを活かしつつ薄っぺらい感じで仕上げてみました(笑)。




    以上、中途半端に8曲ご紹介してみました。
    もしよろしければどうぞ。気に入っていただけたら幸いです!
    今後ともうちの子たちをよろしくお願い致します。

    (最近は暑くて全く打ち込みしておりませんが…涼しくなったらまたw)
    | MIDI | 13:45 | comments(0) | - | - |
    md
    sega
    似てない
    0
      気付けば二か月程放置してたみたい…(^^;
      職場の引っ越しも終わって落ち着いたのでまたボチボチ書いてみようと思います。


      最近MIDIの作品を作ってないんだけど(実はベースだけ採ってあるのはあるんだが)思い立ってこれまでに作った作品と原曲を聴き比べてみました。
      僕の場合、自分で作ると原曲聴かずにMIDIの方ばっかり聴くようになってしまうんですな。そうすると何が起こるかと言いますと、耳が自分の作品寄りに最適化されてしまうと言いますか。都合良く解釈してしまうんですよねぇ。

      自分で作った中で「これはなかなか似てるんじゃない!?」とお気に入りの作品達、例えば『BREEZE』(XEXEX)や『Fly to the Leaden Sky』(BATTLE GAREGGA)なんかがそうなんですけど、久し振りに原曲と聴き比べてみたら、



      全然似てねぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!(白目)



      なんですよ!!
      そりゃね、雰囲気は出てるかもしれないし他にも褒めて下さる方もいらっしゃるんですけど、あんなに(自分の耳では)原曲に違わず似てると思ってたのにこんなに乖離してるとは……!!!と落胆してしまうんですね。

      もっとも、これはいいことだと思います。たまに原点に返って原曲に似せるとはどういうことかっていうのをもう一度思い出した方がいいかもしれません。
      それに自分の作品ばっか聴いて悦に浸っていてもいいことはないですね。


      勿論、今聴いてもよく出来ててうまく似せられたと思ってる曲もあります。
      一連のドラスピ曲群(但し3面とエンディング等数曲を除く)やベラボーマン『Cosmic Air Way』などはよく出来てると自画自賛しします(笑)。

      セガ曲で言えばファンタジーゾーンはどれも頑張ってると思うし(『Victory Way』を除く)、SDIなんか全曲パーフェクト。
      サンダーブレードはチョッパーベースは自分史上最高のカッコ良さで作り上げた名作のつもり。
      ギャラクシーフォース全曲も『Take Back』は音色的に微妙な所がありつつもよくあの全曲を音採って作り上げたと、その当時の自分の情熱には拍手を送りたいと思います。


      そこでちょっと考えたんですが、今聴いてもよく出来てると思ってる曲の多くはその曲やゲームに思い入れのある人が僕の作品に対してダメ出しをしてくれたものが多いんですよね。若しくはダメ出しはなくても熱烈なリクエストとか。
      そういうのって有り難くて、制作途中でもどうしても自分寄りに最適化されてきてしまうもので、たまに日数をおいて耳をリセットして作るようにしていてもどうしても都合良く聴こえてしまうんですよねぇ。

      そんな時に「これがダメ。あそこが似てない。1音違う。」と突っ込みを入れてくれる人の存在は、正直その時は「ええええ、そこまでする!?」と思ったりもしますが、こうして後になって聴いてみると凄く満足の行く出来栄えになっているのですね。


      そう言えばドラスピの1面はmixiで発表してから色々指摘を受けてリテイクを4〜5回しました。
      サンダーブレードは「TYPE-IIを是非!」とリクエストされて、「チョッパーベースソロなんて無理だよぉ〜」と思いつつも負けず嫌い根性を出して音色作り・音採り・チョッパー奏法の再現研究を重ねた結果あそこに辿り着きました。
      それがあったから次のギャラクシーフォース(特に『TRY-Z』)に繋がりましたし、そこでも数多くの指摘を受けながら全曲制覇のモチベーションに繋がったと思います。



      最近では大物はほとんどやり尽くしちゃったような感もあってネタ探しに困る日々。
      やりたい曲もないこともないんだけど、イマイチ気が乗らないというかねぇ…。

      かつてのようにどなたか熱烈リクエストでもしてくれないですかねぇ!
      その代わりクォリティアップの為の協力(=ダメ出し)は最後までしていただきますが!(笑)
      | MIDI | 10:42 | comments(0) | - | - |
      md
      sega
      次回作
      0
        この間ファンタシースター千年紀を作り上げたので、今また次回作を仕込み中〜。
        作りたい曲はいっぱいあってアレもコレもと色々悩むんですが、先日フォローしたSINさんが作った「TA・BI・DA・CHI」が物凄くて感激したのと、ゆにばすさん・斑鳩XXさんが相次いでグラディウスIIIを作っていたのに影響されまして、今回のワタクシめはグラディウスIIから『Crystal World』を作ることに決めたのであります。

        グラディウスIIと言えば以前『Burning Heat』を作ってるわけですが、今回の打ち込み開始時にはリズム隊の音色はそのまま『Burning Heat』から流用出来て楽チンだなと思ってました。
        そんで、まずはいつもの通りベースから音を採っては1音ずつカタカタとMMLを入力しておったのですが、何小節か打ち込んだら試しに聴いてみた所

        「ん……?なんか違う………」

        と違和感を覚えまして。
        前回あれだけ頑張った(つもり)なのに今回のフレーズを入力すると感じるこの違和感。たまにあるんですけども。
        そして『Burning Heat』を聴いてみるとそんなにおかしくも感じない。


        むぅ。


        よし、そんじゃ『Burning Heat』の原曲聴いてみんべぇよ。と再生してみますと、
        「うわっ!違和感wwww」
        どうやら『Burning Heat』の時からイマイチだったようです(^^;
        なんでしょうね、全パート合わさってしまうとなかなかわからなくなるもんですねぇ。

        もっともまるっきりダメだった訳でもなくて、重ねている2音のバランスを取り直すことでOKになりました。
        ドラムの音色も前作では練り込み不足で(これは当時から気になっていた)今回はもうちょっと気を使ってエディットしたつもり。

        とりあえず現状はベースとドラムのリズム隊は入力完了。コーラスみたいな声のパートも終わって、ここからはFM音源のパートになります。
        調べてビックリ。グラディウスIIってFM音源はベース含めて5chしか使ってないんですね。ベースはもう終わってるから残りは4ch。楽勝だな、なんて思ってたら甘かった。やっぱり音色が凄いですね。切り替えもあるし。苦手なキラキラ系もあるし。

        残り僅かに見えて実はまだまだかかりそうなのであります。
        | MIDI | 11:47 | comments(0) | - | - |
        md
        sega
        新曲が出来たよぉ〜
        0
          mixiにも書いてここにも書くってのはとっても二度手間なんですけど。
          ようやく公開できました。いやー長かった。なかなかPC触らせて貰えないものでね。。。

          新作はメガドライブ用RPGのファンタシースター 〜千年紀の終わりに〜のオープニング。
          曲はこちらからどぞ。


          メガドラはねー、PSGも入ってるしね。
          OPNの曲よりもっと気を使いますやね。チャンネル数多いだけに。
          しかもこだわって作ろうとすると意外とパート数を食う。OPNよりただでさえFMパートが多いから。
          今回の曲みたいにベースだけで3ch(ディレイ入れると5ch)とか使うとプレッシャーかかりますよ。。。他のパートでどうなっちゃうんだろうって。
          今回も最初はそらもうドキドキしましたねぇ。作曲者のIPPOさん、音色頑張ってるんだもの(T-T)。


          当分メガドラはやらないんじゃないかなぁ。。。
          でもPS3やPS4の他の曲もやってみたい気もするけど…またアーケードだな。A-JAXとか、かな!?
          | MIDI | 18:00 | comments(0) | - | - |
          md
          sega

          02
          --
          1
          2
          3
          4
          5
          6
          7
          8
          9
          10
          11
          12
          13
          14
          15
          16
          17
          18
          19
          20
          21
          22
          23
          24
          25
          26
          27
          28
          29
          --
          >>
          <<
          --