SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
blog_title
S.S.T.BAND BACK-UP TEAM管理人が書きたいことを書きます。
<< FB-01コントロールその8 | main | FB-01コントロールその10 >>
FB-01コントロールその9
0
    音色パラメータは指定できた。音色は確かに変わった。ここまでは上出来だ!
    これまでにFB-01対応データを幾つか聴いたことはあるけど、どれもプリセットで鳴らしたものばかりだった。
    FB-01は本来、DX7のサブとして使ったりMSXの専用ソフトで操作するものらしい。その前提で作られている(多分)。
    他のPCでわざわざSysEx使って音色パラメータをセットして使うことなんか想定していないのだと思う(MIDIの仕組み上なのかなんなのか知らないが一応出来るようにはなっているけど誰もやらないんだと思う)。
    つまり、「普通はやらない」

    このBlogでこれまでしてきた研究の目的は、
    「FB-01をしっかりコントロールすること」
    しっかりコントロールするとは、これすなわち音色データを設定することに他ならない。
    つまり!音色データを設定出来るようになった時点で勝ったも同然と言うことだ!!!


    皆さん、やりました!わたくし、FB-01に勝ちましたよ!!


    いやいや、ちょっと待って欲しい。一応勝利宣言してみたものの、まともな曲くらい一曲作らないことには「コントロール出来た」とは言い切れないんじゃないか。
    それにはまだ心配事が幾つかあるのだ。


    それはMML2MIDが本当にFB-01をコントロール出来るのか?という根本的な心配事だ。
    登場以来事実上のMIDI標準機として長らく君臨したSC-88Proを使ってきたのだから、MML2MIDがそれをコントロールするのに何の問題もないというのは至極当然のことだった。
    じゃあマイナー機種のコントロールはどうなってるの?と思うのは当然というものだろう。

    早速実験してみた。
    テンポ、オクターブ、パンポットは何の問題もなくコマンドが効いた。
    しかし、とても大切なコマンドが効かなかった。それが『v』コマンド。音量の調節だ。
    これは困った。
    全パート常にフルボリュームになってしまう。バランスも何もあったもんじゃない。
    『v』コマンドが効かないならコントロールチェンジで送ってみたらどうかと思い、『y7,30』(コントロールチェンジ7番(=ボリュームを30に設定)しても変化なし。もしかしてコントロールチェンジを送る『y』コマンドが効かないんじゃないかと疑って、念の為にコントロールチェンジ10番(=パンポット)を変化させるべく、『y10,127』(右からのみ出力)を送ってみるとしっかり変わった。

    ……むぅ。困った。コントロールチェンジ効かないってどういうこっちゃ。
    なんかモード変える必要でもあるのかな…?
    と思って期待せずにYAMAHAのサポートに質問を投げてみた。すぐに返事が来た。YAMAHA凄いぜ!なになに…



    【『FB-01』は生産完了後20年以上が経過しておりますため、当窓口にも 実機がございません。】
    【そのため、実機を使用した検証ができませんので、取扱説明書レベルの ご案内になりますことをご容赦ください。】

    もうこの時点でイヤな予感(^^;


    【FB-01取扱説明書47ページ「MIDIインプリメンテーションチャート」より、 FB-01本体は、コントロールチェンジナンバー「CC7(volume)」を受信 する仕様かと存じます。】

    おい!「存じます」じゃないよ!何を人ごとみたいに言ってんだよ!
    それはもう俺が問い合わせに書いたんだから知ってるわ!俺が聞いてんのは特別なモード変更とか設定変更とかないんですか?ってことですよ!


    【以上簡単ですが、要用のみにて失礼いたします。
     今後とも、ヤマハ製品のご愛顧を賜りますよう、よろしくお願いいたします。】



    しゅーーーーーーーーーりょーーーーーーーーーーーーwwwwww





    アカン。完全に行き詰まった。半ばヤケクソになって、本体前面に付いているスイッチをいじってアウトプッットレベルを操作してみた。
    数値は変わるのに聴こえて来る音量は変わってない。ナニコレ!ナニコレ!珍百景認定でしょうよもう!

    仕方ないので本来やりたくなかった、音色データレベルでいじることにした。
    パラメータのうちキャリアにあたるオペレータのトータルレベルをいじる。モジュレータの数値は変調度合いを操作するがキャリアの数値は出力レベル(=音量)を操作しているからだ。

    結果、しっかり変わった。
    あーあ。なんか負けた気分だ…。
    | FB-01 | 02:38 | comments(4) | - | - |
    md
    sega
    亀レスで申し訳ないっす。
    vで効かないならE(エクスプレッション)でコントロールすればどうでっしゃろか?
    Nコマンドで送るなら11番ですっけ。
    TX81ZだとEコマンドで反応しますので、FB-01でもいけると思うんですけどね。
    ハチプロの規格でなくてMIDI規格(またはGM?)のコマンドなので受け付けると思うんですがね。
    | 斑鳩XX | 2013/04/24 11:11 PM |


    FB-01には多分エクスプレッションってないですねぇ。
    今もう一度マニュアル読み返してみましたがやっぱりそんな記述はないです。
    エクスプレッションは多分GM規格で制定されたコントロールチェンジ11番だと思うんで、NコマンドじゃなくてYコマンドだと思いますが、どっちにしてもFB-01はGM規格より前に発売されてますから…ってあれ?FB-01もTX81Zも、どちらも1986年発売ですね…
    GMの制定は1991年だから関係ないな。なんでだろー。

    FB-01のマニュアルではコントロールチェンジ10番の後はもう64番(サスティンSW)なんですよ。なんだこりゃー。
    ダメ元で一回試してみるかな…(一度やったような気がするけど…)
    | SST | 2013/04/29 11:43 PM |


    気になって調べましたらTX81ZもEコマンド受付なかったです(;´д`)
    効いてるって錯覚してただけでした。
    申し訳ないです(´・人・`)
    | 斑鳩XX | 2013/04/30 8:49 AM |


    ああ、なんだ。TX81Zもダメでしたか(^^;
    でもvコマンド普通に効くんでしょ?それならいいじゃないですかぁ。
    音量調節するのに音色パラメータいじるとかって普通じゃないです…。
    | SST | 2013/05/07 10:15 AM |












    03
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --