SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
blog_title
S.S.T.BAND BACK-UP TEAM管理人が書きたいことを書きます。
<< FB-01コントロールその8(番外) | main | 細々と >>
変なこだわり?
0
    お久し振りです

    全く更新してませんがこんにちは。私です。
    気付いたらBlind Spotのライブも終わってますが未だサイトのトップはライブ情報載ってますw
    消さなくちゃ…。

    例によって僕はライブには行ってない(行けない)のですが、聞く所によると今回は盛り沢山だったそうですね!
    謂わば新機軸というか。ゲストボーカルが入ってのボーカル曲披露とか。しかもコンシューマ機の曲だとか!
    これは今までにない……。

    ただ、ですよ。まぁ再結成してからライブ一回しか行ってないような人間が言うなって話ですけど、個人的な好みの話なんで書きますが。
    僕個人的にはちょっと残念です。何が残念かというと2点あって、一つはボーカル曲やっちゃったことと二つ目はコンシューマの曲やっちゃったことです。その理由は僕にもわかりません…わからないのです。ただなんとなくって感じ。

    何が気に喰わないのか

    まず最初にボーカルのこと。
    これまでにBlind SpotというかS.S.T.BANDの時にボーカル曲やってないかというと実はそんなことなくて。
    最初は1991年に行われたプライベートライブで2曲やってます。『私の人生を変えたこの一曲』というコーナーがあって、メンバー各位が音楽の道に入ったルーツというか刺激を受けた曲を紹介して演奏するというコーナー。
    その中で斉藤さんが紹介した「POW!」(ラリー・グラハム&グラハムセントラルステーション 実際にはアレンジして「タウ!」という曲を演奏した)と、飯島さんが紹介した「Highway Star」(DEEP PURPLE)の二曲を当時新メンバーだった光吉さんのボーカルで披露してます。
    二回目はS.S.T.BANDの解散ライブとなった1993年のGAME MUSIC LIVE電撃'93で「それいけ!ココロジー」をやはり光吉さんが着ぐるみを着て(笑)披露しました。
    これはいいのか?と聞かれたら全然OKと答えるでしょう。プライベートライブはあくまでもプライベートライブだから。ココロジーの方は元々開発に光吉さんが参加してたからだと思います。

    そういう意味ではボーカル曲をやったことよりもゲストボーカルが入っちゃったことの方がモヤモヤ度を増してるのかもしれません。同じ気持ちになったのが、かつて矩形波倶楽部が「矩形波倶楽部〜featuring 国府田マリ子〜」とか言う名前でGMフェス’94以降活動してた時ですかね。別に特別矩形波のファンだったわけじゃありませんが、古川もとあきさんと言えばやっぱりカリスマ的なコンポーザーですし、その矩形波はやっぱり凄いと思ってたワケです。そこに当時声優として人気を誇っていたらしい(実はあんまり良く知らない)人を連れて来てボーカルに据えちゃうっていうのが凄くなんていうかモヤモヤして、「なんでそういうことしちゃうかな〜〜!必要ないでしょー!」って思ってたのを彷彿とさせます。
    まぁそもそもが僕はゲームミュージックバンドにボーカルを求めてないので、ボーカル入った時点でゲンナリしちゃうってのはあります。だから今の光吉さんが歌ってるのは凄く気に喰わない。光吉さんにはキーボードか、少なくともベースを弾いていて欲しいなと。。。

    次にコンシューマのこと。
    これもおかしなもんで。S.S.T.BANDがコンシューマやってないのか、というとやってますよね。今や鉄板の「うに点々で」でお馴染み「Sword of Vermilion」です。これはメガドライブ用のRPGです。
    ただまぁこれはゲームの制作が本来アーケード部隊であるAM2研だったことと、サウンドの担当がS.S.T.のメンバーであったHiroさんだったということからS.S.T.BANDで演奏されても全然違和感がなかったわけです。
    今回のサクラ大戦とNightsは本来は全然関係ないですよね。。。なんで今になって出てきたのかわかりませんが、曲はどちらも素晴らしいと思うんですけど(特にNightsは大好き)なんかしっくり来ないです。特にサクラ大戦…。
    実はS.S.T.では他にも『時の継承者 ファンタシースターIII』から「新たなる旅へ」と「シャイニング&ザ ダクネス」、そう言えば「スペースハリアーII」もありましたが(これはバンドで演奏してるの見たことないですが)、そういう意味では当時からしっくり来てなかったです。僕的には。特に「シャイニング〜」なんて発売はセガでしたが開発はCLIMAXですからね。作曲者も当然セガの人じゃないですから。全く意味がわからなかった。
    あ、そうか。サクラ大戦が特にしっくり来ない理由は作曲が田中公平だからか。

    つまりまとめると

    Blogに書いたらちょっとだけわかって来ました。僕が"特に"モヤモヤしてた理由。
    1. セガの社員じゃない人が作曲した曲を
    2. 外部から呼んで来た、本来メンバーではないゲストボーカルが歌っちゃう

    もっとまとめると

    要するに僕が"ちっさい"ってことなんでしょう…多分。
    うぅ…変なことにこだわらない広い気持ちが大切なんです。きっと…反省します。

    | S.S.T.BAND | 17:20 | comments(1) | - | - |
    md
    sega
    行った当人としては何の先入観も無かったので単純にうれしかったです。
    サクラ大戦もナイツも大好きなタイトルでしたし。

    ゲストボーカルはBLINDSPOTの1人(誰か忘れた)がプロデュースしてるシンガーソングライターの方だそうで、全く縁のない人ではありません。

    とは言えSSTさんのように長年ファンやり続けて来た人からすれば違和感感じるのも当然だと理解できます。
    | Pin | 2015/02/20 5:47 PM |












    07
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --