SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
blog_title
S.S.T.BAND BACK-UP TEAM管理人が書きたいことを書きます。
機動警察パトレイバー実写化!?
0
    僕、普段この歳になってアニメなんて見ませんのでそういう内容は書かないのですが…
    ちょっとこのニュースだけはスルー出来ない。
    twitterでいつまでもパトレイバーのことばっか言うのもアレなんでBlogで書きますよ。


    実写化は恐い。すっごく不安ですね…パトレイバー好きだからこそ。
    キャスティング、実写化と言いつつなきゃ再現不可なCG、世界観等。

    まず監督について。
    言い出しっぺは押井守だと思うけど、あの人はヘッドギアが作り上げた世界観を微妙に壊すよね(^^;
    OVAやアニメ版は色んな監督(押井守含む)が担当してたから別として。
    それに出渕裕のデザインしたレイバーをケチョンケチョンにけなして仲が悪くなった(のちに和解したらしいが)のは有名な話だし。もっともレイバーのデザインに関しては今回は大丈夫そう。
    公式サイトの画像を見る限りアレンジはされているけど原作のイングラムのデザインを踏襲したものにはなってるみたい。そのアレンジに関する是非は別にして。
    押井監督が以前作った実写(CGだけど)のパトレイバーに出てきたイングラムは、原作の面影なんか一切ない全くの別物だったんだよね…



    まぁデザインについては公式サイトを見る限り大丈夫そうだとしても。ファン的には世界観を大切にして欲しいから、ここは監督でありパトレイバーの大ファンである人に頼むのが良いのではないかと思うわけです。
    そこで個人的に推したいのが、踊る大捜査線シリーズでお馴染みの本広克行監督。
    本広監督はパトレイバーのファンで、踊る大捜査線はパトレイバーから多大な影響を受けているそうな。
    確かに特車二課は都会から離れた空き地のようなだだっ広い敷地にありましたし、踊るの湾岸署もかつては何もないお台場で「空き地署」なんて言われてました。登場人物同士の掛け合いが面白いのも共通してます。
    そんな本広さんが監督する実写版パトレイバーが見てみたいなぁ〜〜。



    続いてキャストについて。
    特車二課第二小隊の面々のキャストは大事ですよねぇ。もっとも第二小隊が登場するとは一言も言われてないので別物の話になる可能性もありますが。
    しかしやっぱり第二小隊のお話も見てみたい。ということでキャストはどうなるのかを考えてみたんですがやっぱり思い浮かばないのも…

    まずtwitterでも提案したんですが、後藤喜一隊長には松重豊さんでどうかと。

    ホラホラ、どうかな。個人的には一番のハマり役なんじゃないかと勝手に盛り上がってるw
    主人公の泉野明はみんな戦々恐々としてますな…曰く「剛力彩芽だけはやめろ!」と。確かに今一番(理由はともあれ)旬ですし月9と違ってこちらは原作からボーイッシュなショートヘアーだし。一番現実味がありそうなだけに剛力ゴリ押しを恐れる人は多いみたい。
    だからここは思いきって新人オーディションで選ぶのはどうでしょうか。それなら変な色が付いてなくていいかも。



    遊馬は多分誰がやってもそんなに変わらないのでパス。
    ひろみちゃんはあんなに体の大きな人が(チェ・ホンマン以外)思い浮かばないからとりあえずパス。
    進士さんも…今は思い浮かばない。パス。
    熊耳さん(おタケさん)は吉瀬美智子さんとか…年齢行き過ぎ?

    美しい…(ポッ)なんて美人なんでしょう吉瀬さん…はぁ。




    あ、次・次。コミックには出て来なかった香貫花クランシーには栗山千明で!

    おお、ここまでは悪くないんじゃないか。
    しかし後が続かない…太田とかダメだぁー思い浮かばない。「俺に銃を撃たせろぉー!」ってセリフが似合う人って誰かなぁ。




    あとは誰だ…シゲさんは千葉繁本人でOKでしょ、榊整備班長は…八名信夫とか?本当はもうちょっと細面の人がいいけどなぁ。


    シゲさんは似てるとか似てないとかじゃなくて千葉繁がモデルな上に声もやってるんだから千葉繁以外有り得ないから!




    第一小隊の南雲しのぶ隊長はどこかで鈴木京香っていう意見を見たらそれ以外思い浮かばなくなってしまった(^^;

    いいじゃん。いいじゃん。後藤さんとしのぶさんが松重さんと鈴木京香ならなかなかいいよ。うん。
    等と妄想を楽しんでみました。あー楽しかった。




    あとの不安はCGが違和感なく作られるかってことですかねぇ。やっぱり自然に溶け込んで欲しいよなぁ。
    パトレイバーだからなおさら。
    まずは監督の発表が楽しみだなぁ。押井守になりそうだけど。等ととりとめのないことを言いつつお終い。
    | 雑文 | 15:14 | comments(0) | - | - |
    md
    sega
    ひとまずBlogデザインはこんな感じで
    0
      何故今こんなデザインなのか…わかりませんが(汗)。
      個人的には結構頑張ったので満足満足。ちょっとそのまま過ぎますが。
      サーバ側に用意されたまんまのものを使い続けるっていうのが我慢ならなかったので。これくらい原型留めてないレベルまでいじれば充分でしょう!

      ま、贅沢を言えばカレンダーの部分がそのまんまなんだけど…ここはユーザーにはいじれない部分だからな。
      やればできちゃうらしいけどやめとこっと。
      あとはタイトルロゴをそのうちなんとかしたいですね。


      ちなみに今回ロゴを作るのにお世話になったのは、twitterやサイトの方でも相互リンクさせて戴いているHariHariさんのソニックファンサイト『ACT SELECT』
      S.S.T.BANDロゴのフォントの正体を教えて貰ったり、これまでフォント関係では大変お世話になっております。
      今回使っているメガドライブフォントやSEGAフォントはHariHariさんの作品です。
      他にもセガゲームのフォントを自作して配布されています(あくまでも似せて作ったものですが)。
      重ね重ねありがとうございました。



      さてさていつまでもBlogデザインネタで引っ張るのもあれなんで他のことも書きますが、書くと言っても相変わらずのファンタシースター4 オープニング
      誠意製作中。メロディ(?)以外のパートは全て打ち込み完了。サビというかBメロというか、音色が切り替わる所でメロが終わっています。
      冒頭からメロディの音色には苦労したもんな…幾つもの音色を試してはエディットを繰り返し、「あ!これは重ねないとダメだ!」と気付いてからはさっきまで試した音色をもう一回重ねながら検証するという…。
      短いフレーズなのにエライ苦労したもので、音色が切り替わる所も後回しにした結果です(^^;
      次回やる時にまたじっくり時間かけて作ろう…。

      ここまでは多分メガドライブから音が出てると言っても遜色ない感じに鳴ってる(ハズ…)ので、音色切り替えの部分にこだわってみたいと思います。

      とりあえず、疲れた。。。
      | 雑文 | 18:47 | comments(0) | - | - |
      md
      sega
      見易いデザインってどんな感じ?
      0
        Blogのレイアウトを大幅にいじりました。
        他、デザインもちょろっといじりましたが多少変わったかな〜?


        他のBlogを知らないからなんとも言えないけど、このJugemはなかなか自由にいじれてよろしい。
        ただレイアウトにテーブルタグを普通に使ってるから、最近CSSオンリーな自分にはちょっと戸惑いがあったりして。
        んー、テーブルとボックスで指定内容が被った際にどっちが優先されるとかってあるのかなぁ。
        ちょっと思い通りにいかない箇所が幾つかあったな。


        本当は斑鳩XXさんのとこみたくBlogタイトルになんか画像とか貼り込みたいんだけどな。
        あの背景が黒とオレンジはハチプロっぽくて良いよねぇ。(って思い切り内輪過ぎました…)


        うちは背景にtwitterと同じでS.S.T.BANDロゴを貼ってたんですが、安っぽいと言うか安易なんでやめました。思い切って黒一色で。
        Blog本文部分は新たにCSSで角丸なボックス作ってバックをグレー、フォントカラーを白で。最近の僕によくあるパターンです(汗)。
        一番右のカレンダー部分(これ、わかりにくいよなぁ…)は元々のJugemのヤツをバッサリ無くして自分で作り直し。これもデザイン的にいかがなものかと思うけど、まぁ今までのに比べたらいいか、と。


        またなんかいいアイディアが浮かんだらいじろうっと。
        | 雑文 | 17:14 | comments(3) | - | - |
        md
        sega
        ファンタシースターの音楽を語る
        0
          ここんとこ毎日暇さえあればメガドライブの音を聴いていますw
          というのは言い過ぎか。メガドライブと言っても曲は限定ですけども。今作ってる「ファンタシースター 〜千年紀の終わりに〜」のオープニング。

          Youtubeにオープニングの動画があるからそれを見てる(聴いてる)んですけど、いつ見ても何度見てもいいんですよネー。

          やっぱりね、ファンタシースターは古くからのセガファン --かつてセガ老人という言葉もありましたが-- そういう人達にとっては魂のタイトルです。
          ファンタシースターオンラインという形で現在も名前は残っていますが、
          いかにダークファルスが出て来ようが、ネイの名前が出て来ようが、主人公がアリサの血を引いていなければそれは正統なファンタシースターの続編ではないと思うのですよ!(机バン!)

          ゲーム中の文字が全てカタカナで「ミンナニハナイショダヨ」とか「コンナトコロニケーキヤガアッテゴメンナサイ」とかを経験しろとは言わないけど、
          PSOだけやって「ファンタシースター最高だよな」とかわかった風なクチ聞くんじゃねーー!とか思ったりはする訳ですよ!(ロッカー蹴ってガン!)


          はぁはぁはぁ…少しエキサイトしてしまいました。
          別に僕はそんなことを言おうとしたわけではないのですよ……
          僕はファンタシースターシリーズにおける思い出を語ろうとしたのでした。



          ファンタシースターはセガマークIIIで第一作目が発売され、マークIIIにFMサウンドユニットを装着するかマスターシステムでのプレイでOPLLによるFMサウンドが楽しめました。
          勿論マークIIIユーザーにはFMサウンドユニット未装着でPSGでプレイするという選択肢があった訳ですが、僕はFM音源で鳴らしたファンタシースターの音が大好きで、PSG版の音はほとんど知らずにいました(^^;
          最近知ったんですが、OPLLはユーザー定義音色は同時に2つ以上鳴らせなかったんですね。道理で似たような音色の曲ばっかりだったワケだ。だけどアコースティックギターとベースのみでまったりとした街の曲は落ち着いた雰囲気で大好きでした。


          ファンタシースターの続編が出る!という話を聞いたのはクリアしてしばらくしてからのこと。
          当初は1と同じくマークIII・マスターシステム用との話だったのに、そのうち新ハード(メガドライブ)が発表され、その新ハード用のタイトルとして変更になりました。
          メガドラと言えばCMで「ビジュアルショック!スピードショック!サウンドショック!」と謳っていただけあって、そのサウンドには非常に期待していました。
          ファンタシースター2のそれはというと、まずドラムがチャカポコしてない!という所に衝撃を受けました。OPLLの時のような極々軽いリズム音ではなくて、スネアに強いインパクトを受けました。
          まぁ、あの、音色とか曲とかは「あ、Boさんですね」という感じで。以下略。


          そしてBeep!メガドライブ誌で「ファンタシースター3」が出ると発表。ハードは同じくメガドライブ。キャラクターや世界観がガラリと変わって一抹の不安が。まぁ実際にゲーム自体は賛否両論と言うか「否」の方がマジョリティーかと思いますが意外と僕は嫌いでもなかったりして。
          全てが変わった中でもサウンド。BoさんからIPPOさんに変わり大幅な違いが!
          まず音色!オリジナリティのある音色が使われ、それが曲を印象付けるのに大いに役立ってました。曲は場面毎にとても雰囲気に合ったものばかりで、未だに自分でも分からないのが結婚式のシーンの曲。あれは本来ゲーム中で3回しか聴かないハズなのに強烈に印象に残っていました。あれはなんなんでしょう…。
          そんなファンタシースター3ではオープニング曲「新たなる旅へ」がS.S.T.BANDによってアレンジされました。僕も大好きな曲で、MIDIで初のコンシューマー曲はこの曲でした。
          お陰様で作曲者のIPPOさんにも聴いて頂き、
          「よく出来てる」
          「音色が似てる」


          「2ループ目に入って波の音が入った所で噴き出したw」

          と言って頂きましたw


          メガドライブ版ファンタシースター3 オープニング





          ダークファルスを倒して1000年の時が流れるが如くファンタシースター3発売から長い年月が流れ、終にシリーズ最新作にして完結編となるファンタシースター4(正式タイトルは「ファンタシースター 〜千年紀の終わりに〜」)が発売されました。
          多くが一番人気だった1・2のスタッフに戻りユーザーの期待が高まる中、僕的にはサウンドが一番気になっていたワケですが、こちらは3から引き続きIPPOさんが担当(キター!)。
          3で中世をイメージした世界観にマッチした曲を生み出した彼女が4でどのようなアプローチで来るかワクワクしていたのですが、オープニングからブッ飛びました。
          「ナニコレ、超カッコイイ!!」
          あの3の落ち着きはどこへ行ったのか!のっけからギコギコベースで畳み掛けるハードなオープニングナンバーとグラフィックはバッチリハマって最高にカッコいい。いきなりハートをガッチリと鷲掴みされてしまいました。勿論ゲーム中のサウンドも文句なしにイイ。
          そんなオープニングがこれ!!(僕が毎日のように見てる動画ですw)


          メガドライブ版ファンタシースター 〜千年紀の終わりに〜 オープニング




          いや…もう何をどう言ったらいいかわかんないけど要するにファンタシースターは我々セガ老人にとっては熱いんですYO。
          ここは音楽に絞って熱い思いを語ってきましたが、勿論ゲーム以外にも思い出がいっぱい詰まってるんですよねー。

          冒頭でも書いた通り、今はSC-88Proで「ファンタシースター 〜千年紀の終わりに〜」のオープニングを作ってるワケですが、初めてメガドライブにカートリッジを挿し込んでテレビのスピーカーから聴こえて来た音楽・そしてグラフィックにワクワクしたあの感覚、鮮明に覚えているあの衝撃を再現出来るものにしようと音色の一つ一つにまでこだわって時間をかけて作ってます。時間かかるッス…。いつでもやれるわけじゃないし…(せいぜい月に1日、3〜4時間くらいかな…(汗))
          先は長いかもしれませんが頑張っております。

          ま、そんな訳でいつ完成するかわからんのですが最後に本当に少しだけ、ここまで出来ているものをお聞かせしておこうかと思います…。

          http://www.sst-band.com/gmb/midi/ps4_demo.mp3


          じゃまたー!(マサルさん風に)
          | 雑文 | 16:32 | comments(2) | - | - |
          md
          sega
          知識もセンスもない
          0
            最近twitterでDTM関係のお友達というかフォロワーさんが増えてきました。
            僕の場合はDTMなんていうカッコイイものじゃないですけど(^^;

            皆さんに共通してるのは、「知識が豊富」ということ。凄いですよー。
            好きなゲームミュージックに関しては勿論、作曲者についてもそうだし、使用する音源についても。
            そして当然のように皆さん様々な音源を駆使してアレンジを楽しんでいらっしゃる。


            凄い。
            片や自分はどうかと言うと、


            ・80〜90年代のゲームミュージックしか知らない。
            ・80〜90年代のゲームミュージック作曲者しか知らない。
            ・SC-88Proしか使えない
            (FB-01あるけどまだ使いこなせるレベルにないから使わない)
            ・そもそもSC-88ProにしてもFB-01にしても全然今時の音源ではない。
            ・アレンジが出来ない。
            ・作曲も出来ない。
            ・音楽の知識がない。



            ・・・・・・・・orz
            ダメだこれ。救いようがない。
            と、いうより救いたくない。

            そんなレベル。
            アレンジって色々あると思うんですが、特に僕が好きなのはやはり原曲のイメージを壊さないで昇華させているもの。基本的にはそれです。
            音色も大切です。とりあえずシンセ的な音色当てときました、みたいなのとかエフェクト効かせときゃMIDIアレンジっぽいでしょ、みたいなのは絶対ダメ。

            アレンジ出来ないヤツがエラそうに言ってんなよって話なんですが(´;ω;`) そんな僕がこれまでに最も衝撃を受けたアレンジがありまして。

            BACK-UP TEAMに古くから遊びに来てくれていた某氏が作った、カルテットのアレンジ。
            「Quartet Theme」っていうそのまんまの曲なんですが、原曲はいかにもFM音源って感じの音色がふんだんに使われた名曲です。参考までに僕が作った原曲に似せたバージョンを貼っておきますね。(原曲がいい人はyoutube辺りで探して下さい…)
            http://www.sst-band.com/midi/quartet1.mp3

            似てるとか似てないとかいうのはこの際とりあえず置いといて、まぁこんな感じの曲ですよね。ここ見てるような人で知らない人はいないと思いますけど…。


            この曲がの手にかかると、なんということでしょう、ピアノとアコースティックギターが奏でるとても爽やかな曲に大変身してしまいました。
            これはねー、本当に凄いと思うんですよ。この発想はなかった!と目から鱗が落ちると共に凄い感動してしまったんです。
            実はかなり昔にmixiでこの話題になった時、S.S.T.BAND(現Blind Spot)の松前さんが彼を大絶賛していました。それくらい素晴らしいアレンジ。


            と、いうことで聴いて戴きましょう。某氏(笑)で、「Quartet Theme」です。どうぞ!
            http://homepage3.nifty.com/mezzo201/mp3/cw_quartet.mp3


            いかがでしょう。こういう大胆なアレンジもいいんじゃないでしょうか。
            僕、このアレンジだけで何年絶賛してるんでしょう(笑)。それくらい大好き。
            こういうセンスを持ち合わせた人が実に羨ましいし、その才能が嫉ましいw


            ※ご本人がtwitterで昔公開してたURLを載せただけですが、実は勝手に載せてます(^^;
             一応事後報告で許可貰いますが、万が一ダメって言われたら削除しますので…。
            | 雑文 | 11:51 | comments(9) | - | - |
            md
            sega
            htmlいじり
            0
              ご無沙汰です。

              最近内容的には何も更新してないんですが、サイトのhtmlソースをいじるのに凝っています。
              見にきてくれる人にはなんにも関係ない更新です(笑)。

              profileページなんかを作った時に本格的にWebの記述にCSSを導入したのですが、慣れるまで面倒だけどこれはよく考えられたものですね。自由度が高い。
              普通にhtmlで書いて行くのよりも出来ることが多いし、センスのある人はカッコイイサイトが作れそうです。
              profileページは練習のつもりで思い切り好き勝手に作ったのですが、楽しかったですね〜〜。

              そんなわけで時間のある時にこれまで作ってきたページをCSSで作り替えてるんですが、これがなかなか面倒。
              特にこれまではtableタグを使っていた所をボックスに置き換えるのが思い通りに行かなかったりして…これはよく理解出来ていない僕がいけないのでしょう。。。うーん。

              最近ではMIDIのページを置き換えました。
              見た目にはほとんど違いがありません。ない方が正解で、うまく行ったということなんですが。

              しかし元々geocities時代はタグの手打ちから始まって、ドメイン取得してからはカッコイイWebサイトにしたいと思ってDreamweaverを使うようになり、CSSの時代になって凝ったことが出来るようになるとまた手打ちに戻るという…。
              どんなことでもそうだけど、結局は人間の手によるものが一番なんですかねぇ?


              という、全くもってどうでもいいBlogでした(笑)。
              | 雑文 | 17:03 | comments(0) | - | - |
              md
              sega
              Disco GraphyのページにB-univのアルバムを追加しました。


              これまでうちのサイトではあんまりB-univについては取り上げて来なかったんですよね。。。
              特に理由はないと言いますか、本当はちゃんと取り上げる予定ではあったんですョ。

              トップページを見て貰うとわかるんですが(あ、index.htmlじゃなくてmain.htmlの方です。念の為。)、Last Update(更新日付)の書いてある所の左側に「S.S.T.BAND SIDE →」って書いてありますね。これが名残りです。
              実は当初、S.S.T.のコンテンツとB-univのコンテンツを分けて作るつもりでした。そんで、S.S.T.のコンテンツの時はここが「S.S.T.BAND SIDE →」(S.S.T.のコンテンツを最後に更新したのが〜月〜日ですよー)になって、B-univのコンテンツの時は「B-univ SIDE →」(B-univのコンテンツを最後に更新したのが〜月〜日ですよー)になる予定でした。

              それではどこでS.S.T.とB-univを切り替える予定だったか!?と言いますと、丁度アクセスカウンターの上にS.S.T.のロゴとB-univのロゴがありますね。ここです。ここをクリックすると下のフレームが切り替わる予定でした。

              なのであんまり皆さん気付いてないかもしれませんが、S.S.T.のロゴはクリック出来る(トップページに戻る)んですけど、B-univのロゴはクリック出来ないんですよ。将来的にはここにリンクを付けるハズでした。気付いてました?

              あーー、そうなるとB-univ BACK-UP TEAMに名前も切替わる必要があったのかなーー?
              今となってはどうでもいいか(^^;



              そんな感じのB-univ側コンテンツですが、Blind Spotになってからは並木さんがB-univアレンジの曲を演ったり24曲メドレー限定ですがDAYTONA USAを演ったりもしてるので、もう完全に一緒でいいだろう、と思いました。
              そんな理由もあってまずはS.S.T.の活動年表にB-univの項目を書き足す所から始まって、Disco Graphyにも追加しました。

              とは言ってもB-univは活動期間も短かったですし、ライブも1回くらいしかやってないのかな?
              コンテンツ的にはB-univだけで埋めるのはどっちにしても厳しかったでしょうね。
              それにそれを言っちゃったら「Blind Spot SIDE」も作らなきゃいけない所でした。そんなのメンドクサイよ。。。(^^;


              そういう訳で今後もS.S.T.BAND BACK-UP TEAMという形で全てを網羅して行きますので、そのつもりでよろしくお願い致します。
              | 雑文 | 18:02 | comments(0) | - | - |
              md
              sega
              更新しない日々
              0
                こんにちは。 
                ここしばらくサイトの更新をしていません。 更新するネタも特にないのですがw 

                それでもこれまでは割と小ネタを見付けてはちまちまとやってたんですけどねぇ。 
                何もない、というかなんとなくやる気が起きないと言いますか。 
                こう、なんというか胸の中にモヤモヤとしたものがあるのですよ…詳しくはとても言えませんけど。
                 

                そんな中、先日のF1日本グランプリでは我らが小林可夢偉が表彰台という快挙を成し遂げてくれまして、その瞬間はスキッとしたんですけどね。ふぅ。
                 このモヤモヤはいつになったら晴れることやら…そもそも晴れるのかいな。 これまで以上に内容もなく駄文になってしまいました。
                | 雑文 | 19:04 | comments(0) | - | - |
                md
                sega
                メンバースケジュール
                0
                  メンバーのライブスケジュールを更新しています。

                  あの〜〜〜〜〜、これがまたすっごい大変なんですケドーーーー。

                  楽に追えるのって斉藤さんしかいないんですよぉ〜…Blogにスケジュール書いてくれてるからね。ありがたい!サイトやBlog持ってる人はスケジュール書いておいてくれると楽なんだけどなぁ(笑)。

                  それぞれのファンの人のBlog見に行ってスケジュール調べるとか本末転倒なような気がw
                  ていうかそういうファンの人たちってどこから情報仕入れてるんだろう…。特に不思議なのがね、熊ちゃんのファンの人のBlogがあるんだけど、なんかもう毎日のように(実際は日付間隔空いてるんだろうけど続けて読むと毎日に見える)熊ちゃんのライブ行ってるんですよ!そんなにしょっちゅうライブやってたんかい!?ていう程。

                  そのスケジュール、俺にも教えてくれないかなぁ…。


                  あと松前さんのサイトがなくなって久しいけど情報が全くない。困ったもんである。
                  | 雑文 | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  md
                  sega
                  BACK-UP TEAMについて思うこと その3
                  0
                     (その2からの続き)
                    実際、至らなさというか力不足というかそういうものは再結成されてからずっと感じていたことでして。解散状態ではそれでも良かったんです。検索とかで辿り着いた人達が懐かしいと思ってくれて思い出してさえくれたらそれでいいと。それくらいに考えてましたから。しかし再結成となるとこれまでやってきたファンサイトとしては少しでも力になりたいし、むしろならなきゃいけないという使命感があったわけですね。
                    (mixiのコミュの方は丈治さんに任せっきりじゃねーかよ!という話はまさにその通りで申し訳なく…)


                    で、第二に。これはもう完全に勘違いというか思い上がりでしかないんですけど。
                    Blind Spotにオフィシャルサイトが出来たことはもう皆さんご存じだと思います。
                    これは実にめでたい!S.S.T.の時代はそんなものありませんでしたし、やっぱりそういうのって必要だよね、と思います。

                    ただ、この話を聞いた時に益々「あ、これはもう本格的にうち必要なくない?」と考えてしまいました。
                    これが凹んだ所その2。
                    僕の頭の中は未だにS.S.T.は解散状態と変わってなくて、

                    「S.S.T.BANDの情報は全てうちで完結させなくてはならない」

                    みたいな脅迫観念がありました。ここにアクセスすれば分からないことが全てわかるくらいにしようというのがコンセプトでしたから(その割には全然足りてないのですが。。。)。
                    なので、オフィシャルが出来たということは、今後はオフィシャルが全てを網羅するに違いない。うちが同じ情報を載せていても意味がない。必要であればうちのコンテンツをそのまま譲り渡してサイト閉じよう。そこまで考えてしまいました。

                    極端ですね。ネガティブ思考ここに極まれり。もう完全にサイトの存在価値についてわからなくなってしまっていたのですね。凹んだ所その1を引き摺っていたのもおおいに関係しています。
                    しかしその後になってよくよく考えてみたら「それは考えすぎじゃないか」と思い始めたのです。
                    丁度同じ頃に丈治さんからもtwitterで、

                    「バンドが動き出したのに存在価値がないというのはおかしい。オフィシャルにはオフィシャル。ファンサイトにはファン側のコンテンツがあるハズ。」

                    という言葉を貰いました。そうなんです。その視点というか考え方が僕には完全に抜け落ちていました。
                    そういう言葉を貰ったのは本当にありがたい限りで、今後の方向性を考えるのに助かりました。少し気が楽になった気がします。


                    ただこれまでのスタンス(全ての情報をうちで完結させたい)からの方向転換というか脱却というか、そういう風にしていこうというのは考え始めたんですが、これがまたどういう風にすればいいのかわからないという困った問題がありまして(^^;
                    これは今後の課題ということかなぁ。逆にいえばオフィシャルがやらないことはうちが引き受けてしまってもいいわけですよね。

                    そんな訳でこれからどういうコンテンツがあれば良いか、今後皆さんからのご意見も頂ければと思います。僕も微力ながら頑張って行こうと思います。

                    それはこの辺で。
                    | 雑文 | 15:42 | comments(2) | - | - |
                    md
                    sega

                    03
                    --
                    1
                    2
                    3
                    4
                    5
                    6
                    7
                    8
                    9
                    10
                    11
                    12
                    13
                    14
                    15
                    16
                    17
                    18
                    19
                    20
                    21
                    22
                    23
                    24
                    25
                    26
                    27
                    28
                    29
                    30
                    31
                    --
                    >>
                    <<
                    --